読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生50年

シドとコナンに生かされる日常。最近は聖母櫻井翔くんの御加護により精神衛生を保っている。

自己紹介その2

わたしの話
宣言通り、一つ目の自己紹介記事を公開してすぐにこれを書き始めている。
自分を語るって、やっぱり楽しい。
実際に人前で話すとなると緊張するし楽しくないのだけど、ブログなんかは手軽に人目を気にせず自分のペースで書けるからいいものだな、やはり。普通の手書きの日記と違うのは、見ている第三者がいるかもしれないということ。不確定だけど、誰かにアピールできている可能性があるのは続けたいと思える要因かもしれない。

ブログの分析はさておき、わたしの好きなもの語りを再開したいと思う。
次に語りたいのは、「シド」だろうか。
出逢いは中学三年の終わり。中学に入ってからアニメ・漫画ヲタクの人生を歩み始めていて、「黒執事」のアニメ一期を見たことがきっかけだった。OPで流れたのは、シドの「モノクロのキス」。何てかっこいい曲なんだと、OPだけを繰り返し見ていたようなことを微かに覚えている。
黒執事でシドを知って約一年後にはファンクラブに入っていた。
きっかけはアニメのOP曲だったけれど、それから過去の曲も聞き漁り、今まで聞く機会のなかった、歌謡曲調の曲たちに魅了されてしまったのだ。
初めてライブに行ったのは高校一年。テンション上がってライブグッズを大量に買った。あの時のポスターやうちわは今でも大事に持っている。
七年ほど経ったが、シドは一番好きなバンドだ。
何より、ボーカルのマオさんのことが、本当に好きでたまらない。何度か間近でお目にかかる機会もあったが、人間に後光が差していると思ったのは彼が初めてだった。

シドについてはこんな感じである。本腰を入れて書き出すと日が暮れてしまいそうなので、また気が向いた時に改めてたくさん書き連ねていこうかと思う。

シドの音楽は、心のエネルギー。

まだまだ続く。かも。
それではまた。

自己紹介

わたしの話
ブログは持っているけど高校生くらいから更新しなくなった。
でも何となく、長々とした文章をまた書きたくなったので新しく作ってみた。
元が飽きっぽい性分なので、早々に書かなくなるかもしれないけれど、とりあえずひとつ、書いてみようと思う。

初めはやはり自己紹介から。
最近色々あったので、自分で自分を整理する意味でも書いてみたい。どこの馬とも知れない者の自己紹介なんぞ読んでられん、という人もいるだろうしそれが通常の反応だろうが、やることがなさすぎて死にそうな人がいたら読んでみてほしい。
面白いかどうかは乞うご期待ということで。

1993年6月11日生まれ。
双子座。
A型。
22歳女。
3人兄妹で、兄が2人。
現在33歳と31歳。
両者未婚。
そろそろ綺麗なお義姉さんと甥っ子・姪っ子が欲しい今日この頃。
大学生やってましたが、4年になり学校に行かなくなり、今月実家に強制送還される。
大学は辞め、来月から専門学校に行き、来年末から再来年までには就職を目指そうと、やり直しを誓ったところ。
親にはクソほど迷惑かけてます。
ただ、反省心が全く伝わってないらしいのが悩みの種。
思えば昔からそうだったと思う。
喜怒哀楽はちゃんとあるのに、それが周囲に伝わらない。
「怒ってる?」と聞かれたり、「体調悪い?」と心配されたり。
後者はただ単に血色というか顔色が悪いのが原因なのですが。わりと健康体、ほとんど病気もしないんだけどね。

自分の近況は暗いことばかりなのでこの辺にして、好きなことを語りたいと思う。
わたしが人生で最初にはっきりと好きだと思ったものが、『名探偵コナン』という作品だ。
漫画・ゲーム・アイドル等が好きだった次兄が集めていた原作本を小学1年生(おそらく)の時に初めて読む。
少年誌で連載されているとは言え推理漫画、7歳には少し難しかったのかもしれないが、読み始めに大した衝撃などはなかったし、被害者や犯人の顔が怖くてなかなかページがめくれなかったのを覚えている。それでもその怖さにそそられたような部分もあったのか、しばらく読み進めた時、心奪われる瞬間が訪れた。
それは、服部平次が初登場の話、「外交官殺人事件」である。「白乾児(パイカル)」という酒を飲んだことによって、江戸川コナンが初めて工藤新一に戻るのだが、戻って早々に「それは違うな…」と、平次の推理を否定しながら登場するわけ。そのシーン、単行本だと見開き全部使って工藤が描かれてるんだけど、その工藤がとにかくかっこよくて、いわゆる一目惚れをしてしまった。
本当に大好きで、そのページにしおりを挟んで、しょっちゅう開いては眺めたり、キスしたりしていた。キスは今考えると気持ち悪いけど、まだ7歳当時のことだったのであまり引かないでほしい。
それから中学生になるまでは、唯一好きな漫画が名探偵コナンで、趣味と言えばコナンか小説を読むことだったように思う。
そして、名探偵コナンは今でも大ファン。
33巻あたりまで次兄が単行本を買っていたのだが、一人暮らしを始めるにあたり、全巻譲ってもらい、今でもコナンだけは新巻が出る度買っては本棚に並べている。

と、ここまでほぼコナンのことしか書いていないように思えるが、思ったより長くなってしまったので、自己紹介は一旦ここで締めくくることにする。
そう、わたしの自己紹介はまだ続くのだ。だって、幸せなことに、好きなものはまだまだたくさんあるのだから。
自分は何だかんだで幸せな人生を送れていると、少し前から思うようになった。嫌なことはある、笑うことより悲しいことの方が多いかもしれないし、泣くことだって少なくない。それでも、「好き」という感情を抱ける存在が在ることには本当に幸せを感じる。「好き」が嫌なことを忘れさせてくれる。幸せを上書きしてくれる。だから、わたしは幸せなんだ。
こうして誰も聞いていない、見ていないかもしれなくても自分を語れる場所もあるのだから、今までのよろしくない行いにはすっぱりおさらばして、また頑張っていきたいと思っている。

最後は謎の宣誓をしてしまったが、ひとまずここまで。
これを投稿した後、すぐに続きを書き始める予定だ。

それではまた。